早期治療で薄毛を完治!薄毛の前兆とは?

日本の成人男性の5人に一人は薄毛に悩まされており、薄毛というのはもはや社会問題と言っても過言ではありません。しかも、薄毛は増加傾向にあり、特に若年層が薄毛で悩まされています。若年層の薄毛、いわゆる若ハゲは様々な原因が考えられますが、ストレス社会である現代社会が影響しているのは間違いないでしょう。

しかし、その薄毛にも前兆があるのをご存知ですか?自分の薄毛の前兆に気づくことができれば早期治療ができ、ふさふさを維持できる可能性が高まります。薄毛は進行してしまうと非常に治療が困難になりますので、前兆に気づくことは重要です。

その薄毛の前兆とは頭皮にあります。頭皮が硬かったり、押すと痛かったりすると脱毛が進行している可能性があります。頭皮が硬いのは血管が萎縮して毛乳頭まで栄養が行き渡っていない可能性があり、まずい状態です。

頭皮をちょっと押してみて硬かったら薄毛治療を開始しましょう!

また、抜け毛をチェックすることも忘れてはいけません。抜け毛で重要なのは抜け毛の本数ではなく、抜けた毛の状態。抜けた毛がひょろひょろとした細い毛だったり、短かったりしたら危ないです。特に産毛のような毛がよく抜ける人はAGAが進行している可能性があります。

AGAが末期症状になると、植毛という選択肢しか残りませんので、前兆に気づいたらすぐに治療しましょう!早期であれば薄毛を完治できる可能性が十分にあります!

copyright(C)脱毛症でお悩みの方へ