脱毛症の原因はひとつではない

脱毛症の中でも、まだ若い年齢であるにもかかわらず脱毛症になってしまう「若年性脱毛症」という脱毛症があります。

若年性脱毛症は一般的に若ハゲと呼ばれ、症状自体は加齢にともなう脱毛症と同様の症状があり、若ハゲになる男性はいろんな原因があります。

いろんな原因というのも、生活習慣の乱れによりホルモンバランスが崩れ、薄毛や抜け毛が進行してしまったり、食事が偏りがちで栄養バランスも偏り、髪に届く栄養までも偏ることで髪が育ちにくくなったり、ストレスが原因で抜け毛が増えたりなど、若ハゲなどの脱毛症の原因には日常生活が深くかかわっているのです。

他にも原因をあげていけばキリがありませんが、整髪料やカラー、パーマなどによる髪への直接的なダメージ、テレビやスマホ、パソコンなどの画面を見続けることにより目に疲れが溜まり、血行が悪くなることで頭皮の血行も悪くなって髪に栄養が行き届かないなど、日本人の生活が時代とともに変化してきたことも若ハゲの原因のひとつとなっています。

若ハゲの原因はあるひとつではなく、いくつかの要因が複合的に重なり合うことで薄毛や抜け毛を進行させてしまっているのです。

そのためにもひとつの原因を解決するだけでなく、考えうるすべての原因に対して対策や改善を行わなければいけません。

copyright(C)脱毛症でお悩みの方へ