自毛植毛移植

脱毛点に自身の髪を移植することは、美容外科活動です。
免疫の不認可が偶然自身の組織を移植することが起こらないことは、安全な活動です。
そのうえ、それが本物の有効な髪であるので、毎日育ち続けます。
そして、それがたとえあなたを上回ることができるとしても再び成長して、起こります。
そして、メンテナンスはかつて動いた後に不必要です。

不和髪を上げることは頭頂部と前の頭です。そして、男性のパターンはげのために
後頭骨髪は人生を通じて脱毛をめったに目覚めさせません。
髪のこの根元の財産が遺伝的に決定されるので、たとえ人体の他の場所にそれを移植して
髪をのばし続けるとしても、変わりません。ショウジ・オクダ博士は、1939年にそのような皮膜の特徴を
発見しました。髪のあらゆる根元と隣接皮膚が脱毛点でこの資産を使っている後頭骨髪を移植するとき
移植した髪は人生を通じて髪をのばし続けます。 これは、自身の髪臓器移植手術です。

そのような活動は、1970年代からアメリカ合衆国で広く行われました。
しかし、移植テクニック初期に、それが自身の髪臓器移植手術の原則を発見した日本人であるけれども
皮膚の毛と色の違いは日本でほとんど実行されませんでした。モンゴロイドであるとき、移植した大きい髪。
そして、動きます不自然に見ます。

copyright(C)脱毛症でお悩みの方へ